外国為替証拠金取引(FX)に関しての興味深いところはたった一つの投資の商品であるのにお金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」という3種類の期間からどの期間を選定するのかということにより資金を費やす仕方がまったく変わってくるという点にあると言います。まず外国の貨幣へ投資の「長期スタンス」を考えてみよう。長期のスタンスとは、一年以上の長期の出資を基本にしているものです。普通は為替で一年以上も後の相場が円高でしょうか、もしくは円安なのかを予測するなんていうことは、多くの場合難題に近いです。正直なところ「そんなにも後々の動きは未知数です」と考えるのが実際のところです。わからないのにがんばって推測しようとしても、それは無茶苦茶なものなのです。ですから外国貨幣を買った場合、価値よりも円高になってしまっても、待っていれば返ってくるはずだというポジティブな感覚でやり取りにチャレンジするのが良いでしょう。利益をがんばって上げるよりも、他からの差益、言うなればスワップポイントを大きくするのを第一の目当てと決めて始めてみましょう。当たり前ですが、為替変動による損失が非常に大きくなることがあります。ですから、こういうケースのようなマイナスでも耐えうるようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめに設定するのは肝心です。FX(外国為替証拠金取引)は、為替差損が決まった金額を上回って広がってしまうと追い証(追加保証金)が出て来たりそれともストップロス(ロスカット)がかかったりします。損切りをしたらその場で売買を清算する必要があり、長期投資が厳しくなります。この例のような危険から逃れるには、レバレッジ2?3倍あたりで取引することです。第二に中期の投資でのトレードについてです。中期のスタンスの場合長くても1?2ヶ月ばかり経った頃を見越しての取引なのです。為替売買の時、約1ヶ月先のことは、おおよそ予想可能な場合が多いでしょう。G7などの公式の議会であったり、為替の市場で売買している人たちがどのようなテーマに興味があるかを考えればほとんどの場合見通しがきくのです。このファンダメンタルズを見ながらもチャートを確認することで、レートの動向を把握できるようになり売買を見極めるといいと思います。基本的に、経済の状況とテクニックのどっちも良い状態であり、もしくは買いが同様であればほとんどの場合思った通りに行くと思って良いのです。そうしたら持ち高を増やしておけばもっと大きな儲けを手に入れられると思います。3つ目に短期の狙いどころです。ここでいう短期スタンスというのは、言い換えればデイトレードを指しています。為替でデイトレをするにあたりファンダメンタルズはいっさい影響しないと断言できます。というのは次の日のレートの動きに、ファンダメンタルズは無関係だからです。この時、最大のポイントは注目される出来事があることでそれが影響して為替レートがかなり動くチャンスを逃さないようやり取りすることです。たとえば、アメリカ合衆国で雇用者の統計が発表される、もしくは金融会議等によって制作金利が変わるといった行事。こうした大事な機会に変わり目を逃してはいけないといった意味で、短期スタンスは高度な情報が必須となる。